司法書士紹介Staff

瀬戸 陽介 ご依頼いただいた方の新しい物語に向かって一緒に歩いて行きたい。
元不動産営業の経験を活かして

はじめまして。
司法書士の瀬戸陽介と申します。

私は、平成26年に司法書士事務所を開業するまで約10年間、不動産会社で営業職をしておりました。
営業職として、新築住宅・中古住宅を問わず携わることができたおかげで、
たくさんのお客様とのご縁をいただくことができました。

司法書士として活動することになった今、元不動産営業の経験を活かして、
様々なご提案やアドバイスができると思いますので、お気軽にご相談ください。

普段心掛けていること

ご相談いただく方・依頼者の方のお話を聞くこと。

ご相談いただく内容によっては、とても勇気を出してご来所いただく方や、
何から相談していいか分からない方もいらっしゃるかと思います。

表面上の話だけを聞いて安易に答えを出さないよう、
じっくりとご相談いただく方にとって最良の方法を一緒に考えたいと思っております。

事務所のこれから

登記手続業務に加え、高齢化社会に突入していく中で、ますます増えると言われる相続問題
(空き家問題も含む)や後見手続き、さらにはこれらに替わる信託等に力を注いでいます。

瀬戸 陽介
尾張 由晃 数年後に笑い合えるような関係を一緒に作っていくこと。
きっかけは自身の相続問題でした

尾張という名字ですが、出身は三重県です。
名字に導かれてなのか、名古屋に住むこととなってからは、
尾張性のおかげで名前をすぐに覚えてもらえるので、ご先祖様には感謝しています。

司法書士になったきっかけは、自身の相続問題でした。
仲良くしていた親族との思ってもみなかったトラブルに、自分も家族も非常にショックを受けました。
このようなことを1件でも減らしたい。
その想いを胸に司法書士になりました。

手続きの仕方から問題解決まで

何をしたらいいのかわからない、何を聞いたらいいのかもわからない。
自分自身がそうでしたので、よくわかります。
手続きの仕方から問題の解決まで、全てにご協力できるように尽力してまいります。

まずはお気軽にご相談ください。
人の力になれることが何よりもうれしいです。

得意分野

・相続、遺言業務等
・不動産登記

尾張 由晃
中川 由起子 お一人お一人に寄り添った問題解決を目指しています。
同じように悩む方の役に立ちたい!

司法書士・土地家屋調査士の中川由起子と申します。

私が司法書士を目指したきっかけは、身内の相続問題でした。
当時大学生だった私は、法学部に在学していながら、全く法律知識がない自分に落胆し、法律をもっと勉強し、同じように悩んでいる方の役に立ちたいと思い、司法書士を目指しました。

まずはお気軽にご相談ください

どのように相談したらいいか分からなくても構いません。
まずは、お気軽に当事務所にご相談ください。
他士業の先生もご紹介できますので、きっとお客様のお役に立てると思います。

略歴

平成19年 大阪府立天王寺高等学校普通科卒業
平成24年 同志社大学法学部法律学科卒業
平成24年 行政書士試験合格
平成25年 司法書士試験合格
平成28年 土地家屋調査士試験合格

大阪の司法書士事務所に勤務し、
平成28年12月から司法書士法人せと事務所に勤務

中川 由起子